相続事例・相続税申告が必要なのかわからない方

相続事例紹介・アドバイス

相続は知っていれば怖くない
平成27年1月より基礎控除の金額が下がり、現在保有する財産にどの程度の相続税がかかるか不安な方も多いと思います 。
そこで、私どもでは、相続財産の評価と親族関係の調査を行い相続税がかかるかどうか?また、申告が必要かどうかを明らかにし、まずは皆様のご不安を解消することからスタートしております。 相続予定の財産評価
 相続人の調査
 相続税の申告要不要の判定
 当初分割案による財産配分と相続後の資金繰り計算
 相続財産の不平等解消のための資金手当ての検討
 相続ページへ戻る
相続税の金額さえわかれば、準備はできます
相続する財産が現金だけであれば、納税資金に頭を悩ますことはありませんが、多くのご家庭では、相続財産に占める不動産の金額比率が高く、財産は相続したけど、納税資金が足りないなんてことがあります。
そこで、私どもでは、事前に相続財産の評価額と納税金額を算定し、現状をご確認いただい上で、相続税を減らす方法を含め、将来に向けてどのように納税資金を準備するかのご提案をさせていただいております。 全体の相続財産の評価
 納税額と資金繰りの検討
 相続ページへ戻る