相続事例・相続税の申告を忘れていた方

相続事例紹介・アドバイス

相続発生より3年10か月未満の方、お急ぎください!
相続税法では、残された家族の生活を守るため、配偶者の相続した財産やご自宅用の不動産の評価等については、財産額を減額することができます。
ただしこのためには申告期限から3年以内に財産を分けていなくてはなりませんので、出来るだけ早くご連絡下さい。また減額の規定を受けたために、相続税がかからない場合でも、申告することが要件である規定が多くありますから注意が必要です。
 相続ページへ戻る
相続発生より3年10か月を経過した方、悩むよりご連絡下さい
相続税の申告が必要かもしれないと思いながら、今のところ国税局からの問い合わせが来ておらず、申告をするべきか悩んでいる方が思いの他多数いらっしゃいます。
大きなお金の動きや不動産の名義書き換えは把握されていると考えたほうが良いでしょう。申告をしていない場合には税務署が税額を決定して、通知が来ます。こうなってからでは何もできません。加えて無申告の場合には無申告加算税、重加算税、延滞税がかかります。
 相続ページへ戻る